簡単にわかる手相占い

あらわれては消える短い線、それらは固有の意味を持っています。

簡単にわかる手相占い

他の線と手相占い全体の纏め

生命線・頭脳線・感情線・運命線以外の線が刻まれる例もあります。
第二運命線と言いますか、運命線の外側(月丘方面)にもう1本刻まれる線を「太陽線」と呼びます。
手相は常に変化し続けますが、太陽線は運命線と比べ変化しやすいため、どちらかと言えば短い間の運勢をあらわします。
長く伸びる太陽線は成果をあらわし、頭脳線・感情線で止まっている太陽線は行き止まりをあらわします。
その他、短い線があらわれては消えます。
木星丘に短い縦線が強くあらわれたら希望が叶う点を意味します。
また、水星丘に短い縦線が強くあらわれたら金銭に恵まれる点を意味し、短い横線が強くあらわれたら婚期が近付いている点を意味します。
そして、運命線を横切る様に短い線が刻まれる人を見ますが、このうち、頭脳線と感情線の間にある線を「神秘十字架」と呼び、霊感が強い点をあらわします。
掌の至る所にあらわれる×印は丘・平原・線の意味を吉方向にずらし、印は更に吉方向にずらしますが、さすがに米印までいってしまったら注意する必要があります。
その他、金星丘が黒くなっている人は消化器、水星丘が赤くなっている人は肝臓に注意しましょう(これらは手相占いではなく医学的症例の様な気がします)。
占う際は両手を見て占いましょう。
左手を男性的・右脳的・先天的要素、右手を女性的・左脳的・後天的要素と考える占い方も存在する様ですが、占い師によって大きく異なるため、両手を平均して考える占い方をお勧めします。

新着おすすめ