簡単にわかる手相占い

頭脳線は本人の特性を判断する線であって、起点によって本人の性格・考え方がわかります。

簡単にわかる手相占い

本人の特性を分類する頭脳線

頭脳線は生命線と並ぶ重要度が高い線であって、本人の性格・思考・適正、及び、本人に向く職業を占います。
生命線と後から説明する感情線の間に挟まれており、天地人の1つ「人」に相当するため、別名「人紋」と呼ぶ場合もあります。
頭脳線は吉凶を占う線ではなく、むしろ、タイプを分類する線の感が強く、後で詳しく説明する感情線と合わせて本人の特性を判断します。
この様な特性上、頭脳線を見る際のポイントは線自体の強弱ではなく相対的な位置関係、言わば、どこに刻まれているかが重要になります。
親指側を起点、小指側を終点と定義する際、起点が生命線と一緒になっている人が一番多いですが、そうでない人も結構見られます。
頭脳線の起点は本人の特性に影響します。
生命線の上から出発する頭脳線は行動的な性格をあらわし、体を動かす仕事、または、他人とのコミュニケーションを重視する仕事に向きます。
生命線と一緒になっている頭脳線は中間的な性格をあらわし、特に優れている点に欠けますが特に劣っている点がなく全体のバランスに優れている点を意味し、一般的な仕事、及び、両方の要素を必要とする仕事に向きます。
生命線の下から出発する頭脳線は慎重的な性格をあらわす反面、人見知り、臆病な一面があって、独創的発想を求められる仕事、または、コツコツと積み重ねる仕事に向く様です。
何れの場合にしろ、頭脳線が濃く深く刻まれている方が以上の点が顕著にあらわれます。