簡単にわかる手相占い

運命線は真っ直ぐ一直線に伸びるのが吉、全く刻まれていない人はコツコツ努力して人生を開くのが吉です。

簡単にわかる手相占い

生命線を補う運命線

運命線は本人の運勢をあらわします。
生命線・頭脳線・感情線と違って誰の手にも刻まれるわけではなく、人によっては全く刻まれていない人を見ますが、コツコツ努力することによって人生が開けます。
手首側を起点、指側を終点と定義する際、起点を0歳、頭脳線と交わる箇所を40歳、感情線と交わる箇所を60歳とする占い師が多い様です。
地丘から土星丘に向かって真っ直ぐ一直線に伸びる運命線が最も理想的であって、濃く太く刻まれる人ほど強運の持ち主です。
2本ある運命線は配偶者の援助をあらわし、良い配偶者に巡り合えます。
支線が数多く出ている運命線は周囲の人の援助を意味しており、色々と周囲の人に助けられます。
次は不安要素を含む運命線です。
頭脳線で終わっている運命線は中年期以降の停滞を意味しており、人生の後半、運勢が低下する可能性があるため、注意する必要があります。
感情線で終わっている運命線は老年期の停滞を暗示しており、現役時代は大きく苦労する心配がありませんが、晩年は衰える可能性があるため、同様に気を付けましょう。
縦に切れている運命線は一時的な波乱を意味しており、切れている区間が長ければ長いほど長い間停滞する可能性があるため、その時期は注意する必要があります。
横に切れている運命線は生活環境の変化を暗示しており、少し離れているだけであれば生活環境が変わっても大きな支障がありませんが、大きく離れている人は生活環境の変化に伴い暮らしが変わる可能性があるため、落ち着いて行動する様にしましょう。

新着おすすめ